3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

「琉神マブヤーふりかけ」、沖縄地域限定販売-名古屋の企業とコラボ

左から「琉神マブヤーふりかけ 20袋」(262円)、「手土産マブヤーふりかけ 30袋」(683円)の2種を用意

左から「琉神マブヤーふりかけ 20袋」(262円)、「手土産マブヤーふりかけ 30袋」(683円)の2種を用意

  •  
  •  

 味付けのりやお茶づけ、ふりかけなどの製造加工・販売を手掛ける「浜乙女」(名古屋市中村区)は10月1日、沖縄県産特撮ヒーロー「琉神マブヤー」とコラボレーションした「琉神マブヤーふりかけ」の販売を始めた。

 同社は、「上間菓子店(南風原町)」とコラボした「スッパイマンふりかけ30袋」を昨年12月に発売。今年8月から全国の食品スーパーで販売するなどしている。

[広告]

 商品は、「琉神マブヤーふりかけ 20袋」(262円)、「手土産マブヤーふりかけ 30袋」(683円)の2種。「20袋」は、家庭用として県内スーパーで販売。子どもに人気のフレーバー4種(野菜・カツオ・サケ・玉子)が各5袋入りで、おまけとして「浜乙女オリジナル琉神マブヤーシール」(全30種)1枚が入る。

 「手土産」は、上記のフレーバー4種に「悪の軍団マジムン」パッケージの「ごま塩」を追加。パッケージに首里城やかりゆしビーチなど観光地や史跡の画像を配し沖縄カラーを訴求する。おまけとして「浜乙女オリジナル琉神マブヤー切り抜きシール」1枚が入る。観光地の土産品店、県外の沖縄物産展、沖縄アンテナショップなどでそれぞれ販売する。

 広報担当の細井さんは「現在、各地を代表する特産物やご当地ものなど、数多くコラボレーションさせていただいているが、その中で『琉神マブヤー』の存在を知り、ぜひ一緒に商品開発したいと申し入れ、今回の発売に至った」と話す。

 「沖縄は、独自の文化を築き、大変魅力的な素材が数多くある。それら沖縄を代表するご当地ものを全国に発信できたら」とも。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home