那覇・市場本通りに沖縄食材がメーンのフレンチとワインの店

那覇の市場の小さな路地にオープンした沖縄食材がメーンのフレンチとワインの店(写真=店内)

那覇の市場の小さな路地にオープンした沖縄食材がメーンのフレンチとワインの店(写真=店内)

  •  
  •  

 那覇・市場本通りに5月4日、沖縄食材のフレンチとワインをメーンにした料理店「プチット リュ」(那覇市松尾2、TEL 098-863-0716)がオープンした。

 店舗面積は約10坪で、席数は16席。南仏の小さなビストロをイメージした店内には、エントランス近くにワインセラーが置かれ、ソフトドリンクやワインのメニューが手書きされた大きな黒板やフォルムの違ういすが目を引く。同店オーナーシェフの新屋健一さんは「あえて形の違ういすを用意して温かみを出した」という。店名は、実際に市場の小さな路地にあることから「小さな路地」を意味するフランス語で名付けた。

[広告]

 市場の中に店を構えたことについて新屋さんは「市場の雰囲気が好き。新鮮な食材がすぐ手に入るため」とした上で、「沖縄野菜などはフランス野菜のように味が濃厚。フランスの食材をあえて使わずに沖縄食材でフランス料理を提供したかった」と話している。

 現在はランチのみを提供。日替わりランチ(780円)、お魚ランチ、お肉ランチ(ともに980円)の3種で、ライスかパン、スープ、サラダ、コーヒー付き。市場で仕入れた新鮮な沖縄食材を使い3種とも日替わりで内容が変わる。ワインは約130種をそろえ、店内では約50種のワインが常時楽しめる。グラスワイン(500円~)。

ソムリエの資格を持つ新屋さんは「沖縄はワインの人気が低い。きちんと管理されたおいしいワインを提供したい」と話す。

 「6月からディナーも営業する予定で、スペインのバルのような小皿料理をメーンにしたメニューを考えている。気軽にワインと料理を楽しんでもらえれば」(新屋さん)とも。

営業時間は11時30分~15時。月曜、木曜定休。

  • はてなブックマークに追加