見る・遊ぶ

沖縄国際映画際、スケールアップして「島ぜんぶでおーきな祭」に

「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」概要発表記者会見の様子(開催内容を説明する「よしもとラフ&ピース」の和泉かな社長)

「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」概要発表記者会見の様子(開催内容を説明する「よしもとラフ&ピース」の和泉かな社長)

  • 0

  •  

 3月25日から沖縄県宜野湾市、那覇市、沖縄市などで開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」の概要発表記者会見が2月17日、行われた。

「沖縄の人々と共にエンターテインメント性を高めた祭に」と話す映画祭実行委員会の大﨑洋委員長(吉本興業社長)

 ガレージセールと木佐彩子さんが進行を担当した同会見。同祭実行委員会の大崎洋委員長(吉本興業社長)から、「気がつけば7年目。今年からスケールアップして名称も変更。今まで以上に沖縄の人々と共にエンターテインメント性を高めた祭にしていきたい」とあいさつした。

[広告]

 運営を担当する「よしもとラフ&ピース」和泉かな社長は、沖縄県41市町村に「全力応援芸人」を認定したことを発表。宮川たまこ(浦添市)、カシスオレンジ仲本(名護市)、ありんくりんクリス(沖縄市)、飛び出せ!マーメイド岩田(那覇市)、どさんこ室田(座閒味村)が登壇。「全力応援芸人」は各市町村を拠点に盛り上がりの原動力となり、併せてPR活動も行う。

 名称変更について、ガレージセールに2人は「ひらがなが多くて読みやすい。沖縄の人々にはうれしいタイトル」と喜びを表した。沖縄県で末永く歌われる楽曲をつくろうというプロジェクト「全部でおーきなバンド」の結成では、かりゆし58を中心に人選が進められている。「名前は言えないが、お父さんと全く同じ顔をして同じ声で歌う中学生最後の年を迎えている青年に声を掛けている」と発言。「誰?」の声が起きたが「厳秘」と封印した。

 恒例のレッドカーペットは、オープニングレッドカーペット(3月25日=宜野湾会場)、コザゲート通りレッドカーペット(同28日=沖縄会場)、那覇国際通りレッドカーペット(同29日)の3回行い、市民と華やかなゲストとの交流を促進する。

 開催期間は3月25日~29日。沖縄コンベンションセンターと周辺地区、島ぜんぶでおーきなスタジオ(宜野湾市)、桜坂劇場、国際通りてんぶす前広場(那覇市)、コザ・ミュージックタウン、コザゲート通り周辺(沖縄市)や北谷町をはじめとする県内各所を会場に開催する。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home