天気予報

25

16

みん経トピックス

沖縄でフィギュア付きカード沖縄で「勝手に健康長寿」

沖縄まーさん映画祭が閉幕 「食」を見つめなおすきっかけを提供

沖縄まーさん映画祭が閉幕 「食」を見つめなおすきっかけを提供

上映された「100年ごはん」(写真提供=沖縄まーさん映画祭実行委員会)

写真を拡大 地図を拡大

 那覇・国際通りに近い「桜坂劇場」(那覇市牧志3、TEL 098-860-9555)で、5月22日より開催されていた「沖縄まーさん映画祭」が全てのプログラムを終了し閉幕した。

浮島ガーデンの外観

 「食」テーマに、「いただきますから世界を変えよう」をキャッチフレーズにて開催されてきた同映画祭。期間中は多くの来場者があり、会場となった「桜坂劇場」はにぎわいを見せた。最終の上映は17時15分から「100年ごはん」。会期中、多くの人々に共感を与えた作品の上映で同映画祭がクロージングをした。

 映画祭に併せて開催されていた「まーさん映画祭コラボメニュー」も好評を博した。島やさい料理とオーガニックワインの「浮島ガーデン」(沖縄県那覇市松尾2-12-3、TEL098-943-2100)では、「映画祭記念 まーさんプレート」を2種類提供した。肉と魚を一切使っていない「バーガープレート」(900円)と、自然栽培米でつくった沖縄のおむすび(マブイメー)を味わえる「マブイメー・プレート」(1,000円)で各20食の限定。共に好評で多くの注文があったという。

 食を考える機会を多くの人に発信した「まーさん映画祭」。次回の開催を期待する声が多く聞こえた。

グローバルフォトニュース