那覇・市場近くに「10円琉球まんじゅう」-500個まとめ買い客も

多良間島産の黒糖を生地に練り込み、甘さを抑えたこしあんを入れた10円琉球まんじゅうを販売(写真=外観)

多良間島産の黒糖を生地に練り込み、甘さを抑えたこしあんを入れた10円琉球まんじゅうを販売(写真=外観)

  •  
  •  

 黒糖の製造や卸、小売販売を手がける琉球黒糖(糸満市)は10月1日、那覇・市場中央通り出口近くにまんじゅう店「10円琉球まんじゅう」(那覇市牧志3、TEL 080-3635-4290)をオープンした。「南部で10円まんじゅうは初めてでは」(同店)と話す。

 店舗面積は約3坪。黒糖の「黒」をメーンカラーにした看板やのぼりが目を引く。メーン商品は「10円琉球まんじゅう」で、「多良間産の黒糖を使用した生地の中に、甘さを抑えたこしあんを入れ、ふっくらもちもちした食感に仕上げた」(同店)。開店2週間足らずだが、女性や子どもに人気だという。そのほか、同店舗でしか扱っていない黒糖を使った「100円パックあめ玉」(ミント味、ココア味、マンゴー味、ベルーベリー味)をはじめ、塩黒糖(150円)、くるみ黒糖(180円)なども扱う。

[広告]

 同店の東金嶺裕太郎さんは「本土で流行っている10円まんじゅうをヒントに商品化した。商品化を機にまず那覇に店舗をオープンした」と話す。

 「一度に500個を買っていった人もいる。一口サイズで食べやすく甘さもしつこくない。もっちりした食感をぜひ楽しんでほしい」(東金嶺さん)とも。今後はカウンターのみの小さな店舗をスーパーなどで展開する予定で、新しいメニューも開発中だという。

 営業時間は9時30分~19時(売り切れ次第終了)。10個入り=110円。20個入り=220円。ばら売りには対応していない。

琉球黒糖

  • はてなブックマークに追加