那覇・金城にフランス菓子店-「かなぐすくロール」「うるくプリン」も販売

材料に上質なチョコレート・クーベルチュールや国産の小麦粉、県産素材を使うなど、随所にこだわりをみせ、生菓子は約20種、焼き菓子も約20種を提供する

材料に上質なチョコレート・クーベルチュールや国産の小麦粉、県産素材を使うなど、随所にこだわりをみせ、生菓子は約20種、焼き菓子も約20種を提供する

  • 0

  •  

 那覇・金城(かなぐすく)のジャスコ那覇店近くに10月25日、洋菓子店「パティスリー アプリコット」(那覇市金城5、TEL 098-988-6767)がオープンした。

 売り場面積は約3坪。エントランスや店内は、店名のアプリコット(杏)のオレンジをイメージカラーとして彩った。正面のショーケースにはケーキやスイーツなどの生菓子、棚にはクッキーなどの焼き菓子や包装箱などをディスプレーした。同店チーフ・パティシエの金城秀治郎さんは「キッチンはガラスを取り払い店との距離をなくし、お客さんの要望にすぐに応えられるよう、会話ができるようにしたことが店の何よりのウリ」と話す。

[広告]

 ケーキやムースなどの生菓子は約20種を提供。「とくに力を入れている」(金城さん)という生クリームとカスタードクリームを米粉ともち米粉の生地で巻いた「かなぐすくロール」(1,050円)、特製の蒸し器で仕上げたなめらかな「うるく(小禄の方言読み)プリン」(262円)、3種の栗ペーストを使ったモンブラン(441円)などを提供。そのほか、スフレフロマージュ、ティラミス、ミス苺のショートケーキ、レアチーズケーキ、トロピカーナ、カフェリーヌ、苺と紅茶のムース、ミニシュークリーム、マロンパイ、タルトポンヌ、カボチャのパンナコッタ、ガトーショコラなども。材料に上質なチョコレート・クーベルチュールや国産の小麦粉、県産素材を使うなど、随所にこだわりをみせる。

 焼き菓子は、「沖縄で提供しているのは恐らくここだけ」(金城さん)というクロッカン(105円)をはじめ、マドレーヌ、フィナンシェ、ペイザンヌ、紅茶とシナモンのパルミエ、アールグレイのリーフパイ、きび砂糖のリーフパイ、ガレットブルトンヌ、ノアショコラ、キャットルナッツ、ブールドネージュ、サブレパッション、サブレココなどを販売するほか、焼き菓子セット(1,050円~)、金城セット(2,625円~)も用意する。

 大阪で14年間、フランス料理やフランス菓子を修行した金城さんは「本土で学んだお菓子を沖縄の人にも食べてもらいたい」と出店した。「かなぐすくロール」「うるくプリン」を作ったのは、「地域に根ざした店にしたいとの思いを込めた」と話す。

 営業時間は10時~21時。月曜定休(祝日の場合は翌日定休)。

Stay at Home