那覇・波の上ビーチ沖に人工「滝」-毎週末出現、ライトアップも

ポンプで海水をくみ上げ放水する仕組みで、滝の大きさは幅約35メートル、高さ5~6メートル

ポンプで海水をくみ上げ放水する仕組みで、滝の大きさは幅約35メートル、高さ5~6メートル

  • 0

  •  

 那覇市観光協会(那覇市牧志2、TEL 098-862-1442)は那覇市唯一のビーチ「波の上ビーチ」(那覇市若狭1)で11月5日、建設中の那覇西道路の鉄骨部に設置された人工の滝「なんみんの滝」の記念セレモニーを行い、ライトアップされた滝が披露された。「なんみん」は「波の上」の沖縄方言読み。

 「なんみんの滝」は、今年5月に「清水・金秀特定工事共同体」が那覇西道路の建設工事のイメージアップを図るために設置したもの。ポンプで海水をくみ上げ放水する仕組みで、滝の大きさは幅約35メートル、高さ5~6メートル。基底部の工事完成に伴い10月末に終了する予定だったが、市民の憩いの場としてより充実を図りたいとの考えから、多くの企業の協力を得て同協会が運営を引き継ぐことになった。

[広告]

 セレモニーでは、ちむどんどん太鼓の演舞を皮切りに翁長雄志那覇市長ら関係者のあいさつやテープカットが行われ後、緑と青でライトアップされた幻想的な「なんみんの滝」が波の上ビーチの沖合約40メートルに浮かび上がった。

 実施は毎週金曜~日曜で、11月~3月=19時~21時、4月~9月=20時~22時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home