ビジュアル系フライドポテト?-那覇に「ポテチィモ」初出店、口コミで話題に

スパイラル状にカットされたジャガイモは1枚につながっていて、塩コショーや明太子マヨネーズ、バーベキュー、カレーなどのスパイスをふりかけて食べる

スパイラル状にカットされたジャガイモは1枚につながっていて、塩コショーや明太子マヨネーズ、バーベキュー、カレーなどのスパイスをふりかけて食べる

  •  
  •  

 那覇・おもろまちの「ペットボックス」近くに7月25日、ポテチィモ専門店「ポテチィモ沖縄那覇店」(那覇市おもろまち3、TEL 098-861-8188)がオープンし、口コミなどで話題を集めジワジワと売り上げを伸ばしている。

 ポテチィモは、首都圏を中心に移動販売を行う「ポテチィモ」(東京都豊島区)が開発したもの。国産ジャガイモを独自に開発した機械でスパイラル状にカットし、1枚につながったままものを串に刺して油で揚げ、塩コショーや明太子マヨネーズ、バーベキュー、カレーなどのスパイスをふりかけて食べるフライドポテト。「ポテトチップよりも厚く、外はカリ、中はもちっとした今までにない食感の新ビジュアル系フライドポテト」(同店)だという。

[広告]

 コンテナを改装した店舗は約3坪で、「ポテチィモ」の文字やイラストが描かれた大きな看板が目を引く。店先にいすとテーブルを設けイートインスペースも用意する。

 メニューは「ポテチィモ」がメーンで、「注文を受けてから、カットし揚げたてを提供している」という。スパイスは、塩コショー、バーベキュー、ハバネロ、カレー、明太マヨネーズ、塩コショーバター、バーベキューバター、ガーリックバター、ホットチリバターなど15種(250円~300円)を用意。高校生はすべて50円引きになる「学割サービス」や、5個買うと料金が980円になる割引サービス、ドリンクセット(50円追加)も。

 出店について、オーナーの東風平薫さんは「たまたまポテチィモの社長と知り合いだったことから、『面白い』と思い出店を決めた」と話す。「オープンして1カ月ちょっとだが、ジワジワと売り上げが伸びてきている。ペットショップやベビー用品店が近くにあるせいか、客の約8割りが女性や子ども連れで現在は持ち帰りが多い」と話す。「ポテチィモを歩きながら食べてもらうと、宣伝にもなってうれしい(笑)」とも。

 「現在、若者が多く集まる北谷町のハンビーエリア辺りに店舗を探しているところ。いい物件が見つかれば、すぐにでも2号店を出したい」と店舗展開に意欲をみせる。

 営業時間は12時~20時。

  • はてなブックマークに追加