3密を避けて新しい生活様式へ!

那覇に初のジャークチキンサンド店-特注ジャークパンで焼き上げ

「ジャークチキンサンド」は「OTO-NARI」のオリジナルメニューで、ジャマイカ料理のジャークチキンをピタブレッドでサンドし、ケチャップ、マヨネーズをかけて食べる

「ジャークチキンサンド」は「OTO-NARI」のオリジナルメニューで、ジャマイカ料理のジャークチキンをピタブレッドでサンドし、ケチャップ、マヨネーズをかけて食べる

  • 0

  •  

 那覇・沖映通り沿いに12月7日、ジャークチキンサンド専門店「OTO-NARI(おとなり)」(那覇市牧志1、TEL 090-9628-8996)がオープンした。

 ジャークチキンは、香辛料に漬け込んだ鶏肉をジャークパンと呼ばれるドラム缶を加工した調理器で焼き上げる、ジャマイカを代表する料理。同店が提供するジャークチキンサンド(500円)は、焼き上げたジャークチキンを刻み、レタス、トマトを加えピタブレッドでサンド。ケチャップ、マヨネーズをかけて食べる。

[広告]

 同店では、鳥もも肉をペッパー、香辛料、香草、野菜、フルーツなどのオリジナルソースに1日以上漬け込み、ジャマイカ同様、特注したジャークパンを使い炭火で香ばしく焼き上げるという。「沖縄でジャークチキンサンドを出しているのは多分ここだけでは」とオーナーの中原淳さん。

 中原さんは「レゲエが好きで新婚旅行はジャマイカに2週間滞在した。その間1日2回はジャーク料理を食べていた」と話す。「約6カ月前から沖縄市で営業していたが、ジャークチキンサンドをより多くの人に知ってもらいたいと思い、昼間は那覇での営業を決めた。週末は沖縄市にジャークパンを持ち込み営業している」とし、「味には自信がある。ビールとよく合うので、早く那覇の人や観光客に受け入れられるようになれば」とも。

 営業時間は14時~20時。

Stay at Home