那覇・国際通りに初の「メード&執事カフェ」-ラブハートプラス

同店では常時メード4人、執事1~2人が接客に当たり、スタッフ約30人でローテーションし毎日来ても同じ子はいないようにするという

同店では常時メード4人、執事1~2人が接客に当たり、スタッフ約30人でローテーションし毎日来ても同じ子はいないようにするという

  •  

 那覇・国際通りに4月12日、メード&執事カフェ「ラブハートプラス」(那覇市久茂地3、TEL 098-988-8097)がオープンした。「那覇では初のメード&執事カフェでは」と同店。

 店舗面積は約18坪で、席数は39席。ピンクやグリーン、イエローなどポップな色彩を施した店内は、アニメのフィギュアをディスプレーしたショーケースや55インチの液晶テレビなどを設ける。

[広告]

 同店では常時メード4人、執事1~2人が接客に当たる。「スタッフ約30人でローテーションしているので、毎日来ても同じ子はいないようにした」と同店オーナーの郡山さん。給仕の際には、「おいしくな~れ、萌え萌え、キュン!」とおまじないかけるほか、パスタ料理で麺をまぜたるくなどのサービスを行うほか、インスタント写真撮影(500円)のサイドメニューも用意する。

 「ホテルで働いていたシェフを雇い、料理にも力を入れている」というフードは、「愛込めっ!ラブプラおにぎり」(300円)、「小悪魔ちゃんのコトコトハヤシ」(780円)、「真っ赤なパスタ『オレ参上!』」(780円)、「腐女子のBLサンド」(600円)、「ギガントシュー」(1,000円)、ギガントカレー(3~4人前、2,000円)など。ドリンク類は、「ツンデレ娘のシュワシュワブラック」(380円)、「オキバオレンヂ」(900円)、「執事の想いコーヒー」(ホットはポットで提供、580円)などのソフトドリンクやスープなども用意。

 出店について、郡山さんは「那覇にメードと執事のいる店がないことや、那覇の新たな観光スポットとして期待できると思い国際通りに出店した」とし、「一つの企業体として確立を目指しており、そのためすべてにおいてスペシャリストをそろえた。アニメ専門学校などの生徒の受け入れ先としても貢献できれば」と意欲をみせる。「店内で歌や踊りのショートパフォーマンスやイベントなども計画している。男性だけでなく女性も楽しめるので、気軽に来てもらえたら」とも。

 営業時間は11時~22時。