暮らす・働く

沖縄初ハイアットグループのホテル開業 国内6番目のリージェンシーブランドで

オープニングを記念して行われた「仕次式(しつぎしき)」の様子

オープニングを記念して行われた「仕次式(しつぎしき)」の様子

  • 0

  •  

 沖縄県初のハイアットグループのホテル「ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄」(那覇市牧志、)が7月2日、国際通りに近い那覇市牧志・桜坂エリアに開業した。

「ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄」のメーンロビー

 ハイアットグループでは日本国内10軒目、「リージェンシー」ブランドでは東京、箱根、京都、大阪、福岡に次ぎ6施設目となる同ホテル。ケン不動産リースが経営し、PHR沖縄ホテルマネジメントが運営する。

[広告]

 同ホテル総支配人の佐藤健人さんは「『コネクト(Connect)』をコンセプトに、人と人、地域とホテル、世界と沖縄などのつながりを大切にするホテルを目指し、沖縄観光のさらなる活性化を図っていきたい」と抱負を話す。

 沖縄観光の中心地である「国際通り」と沖縄情緒があふれる「壺屋やちむん通り」を結ぶ那覇・桜坂エリア(那覇市牧志)に位置し、那覇空港から車で20分、国際通りからは徒歩3分の立地となる。

 那覇の街並みを一望できる客室は、全294室。ルームタイプは、「デラックスルーム」(32平方メートル)、最高級の「リージェンシー エグゼクティブ スイート」(64平方メートル)など全8タイプを用意する。

 沖縄の食材を使用する4つのレストランとバーも備える。自然光がふんだんに差し込む明るい空間で、バラエティー豊かな料理を堪能できるビュッフェ ダイニング「sakurazaka(桜坂)」(2階)。上質なビーフや近海で捕れた新鮮なシーフードの持ち味を最大限に引き出したグリル料理、個性豊かな創作イタリア料理を提供する「MILANO|GRILL(ミラノ・グリル)」(18階)。夏には東シナ海に沈むサンセット、晴れた日には世界遺産の慶良間諸島を楽しめ、那覇市の美しい夜景も一望できる「the bar (ザ・バー)」(18階)。ホテルパティシエ特製の季節のスイーツとともに、オリジナルブレンドを含む種類豊富な紅茶コレクションなどを提供する「the lounge (ザ・ラウンジ)」(1階)。

 2 階には、プロジェクターや天井スクリーンなど最新の音響・映像機器を備えたイベントスペース「リージェンシー」(床面積82平方メートル、天井高2.7メートル)を設置し、多様なビジネスシーンに対応する。

 同ホテル広報担当の今井佐恵子さんは「歴史情緒あふれる琉球文化とインターナショナルホテルならではの洗練されたサービスとが融合した、ハイクオリティーなホテルステイを体感していただければ」と呼び掛ける。