トリップアドバイザーの「ベストビーチ」に沖縄から9ビーチがランクイン

国内1位は「与那覇前浜ビーチ」(沖縄県・宮古島)

国内1位は「与那覇前浜ビーチ」(沖縄県・宮古島)

  •  

 旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」(東京都渋谷区)が「世界のベストビーチ 2014」を発表し、国内トップ10のうち9ビーチが沖縄から選ばれる結果となった。

2位は「コンドイビーチ」(沖縄県・竹富島)

 過去1年間に投稿された世界の旅行者からの口コミを基にしてランキングされるベストビーチ。世界各国から322のビーチが選ばれ、世界1位には、ブラジルのフェルナンド デ ノローニャの「サンチョ湾ビーチ」が、アジアの1位には2年連続でフィリピン・ボラカイ島の「ホワイトビーチ」が、それぞれ選ばれた。

[広告]

 国内では、昨年に引き続き宮古島の「与那覇前浜ビーチ」が選ばれた。同ビーチはアジアの25位にもランキング。今回のランキングでは、国内トップ10のうち9つのビーチが沖縄県から選ばれる結果となり、沖縄の自然とビーチの美しさがあらためて認識されたかたちだ。

 国内ベスト10は以下の通り。1位=与那覇前浜ビーチ=(沖縄県・宮古島)、2位=コンドイビーチ(同・竹富島)、3位=白良浜海水浴場(和歌山県・白浜)、4位=ニシ浜ビーチ=(沖縄県・波照間島)、5位=はての浜(同・久米島)、6位=ニライビーチ(同・読谷村)、7位=新城海岸(同・宮古島)、8位=砂山ビーチ(同・宮古島)、9位=阿波連ビーチ(同・渡嘉敷島)、10位=奥間ビーチ(同・国頭村)

 同社・代表取締役の原田静織さんは、「今回のビーチランキングは、日本のトップ10ビーチを沖縄県がほぼ独占という形で占め、改めて沖縄に日本の最高のビーチが集まっていることを示すランキングになった。特に、与那覇前浜ビーチは『アジアのベストビーチ』の25位にも選ばれ、英語やフランス語での口コミも寄せられている。後世にも残したい美しい砂浜について感動した様子が多数綴られている。沖縄のビーチは、今後更に魅力を発信していくことにより、世界のビーチランキングに入っていく可能性も非常に高いので楽しみにしている」と話す。