学ぶ・知る

中城城跡でロックフェス-太陽光発電利用してオフグリッドを実現

フェスタ会場で太陽光発電を利用しオフグリッドを実現

フェスタ会場で太陽光発電を利用しオフグリッドを実現

  •  

 クリーンなアイランドロックフェス「GUSUKU ROCK FES’15」が3月21日、世界遺産の「中城城跡(なかぐすくじょうあと)」(北中城村字大城503)の特設会場で開催される。

実行委員長の當山貴史さん

 太陽光発電でつくられたエネルギー電力で開催される同フェス。「世界初オフグリッドシステムを利用したクリーンなロックフェス」を目指して、ステージ周りや音響、照明だけでなく、物販テントや楽屋電力など、フェスで使う全ての電力を、ソーラーパネルから発電される電力を安定化させて賄う。

[広告]

 登場するアーティストは、MONGOL800、シャオロン・トゥ・ザ・スカイ、ギターウルフ、2side1BRAIN、タートルアイランド、キノコホテル、メカルジン、The Junky JAP Dogs、RODEO、iYA BASTERS!、Jack The Nicolson’s、FliP、STAYCOOL(FROM台湾)。

 同フェスの実行委員長を「Shaolong To The Sky(シャオロン・トゥ・ザ・スカイ)」のギターボーカリストとして活動し、真夜中レコーズの代表でもある當山貴史さんが務め、開催に向けて準備に忙しい。「会場に設置されたパネルに集められた太陽光をその場で電力に変換し発電できる装置。慧通信工業が開発したパーソナルエナジーにより沖縄で取れたての太陽光でクリアなサウンドを提供する」と話す。

 10時開場、12時開演。チケットは、一般=4,800円、学割=3,500円(共に前売り)で、イープラス、ローソンチケット、楽天チケットで取り扱う。