天気予報

25

16

みん経トピックス

キングス3選手活躍やいまroadがスタート

沖縄・宜野湾のカフェで「書」作品展 作者が指導する「美漢字ワーク」も

沖縄・宜野湾のカフェで「書」作品展 作者が指導する「美漢字ワーク」も

竹崎久仁衣(たけさきくにい)さんの作品展「Okinawaan Heart Japnanese Calligraphy Exhibition」

写真を拡大 地図を拡大

 カフェユニゾン(宜野湾市新城2、TEL 098-896-1060)で現在、竹崎久仁衣(たけさきくにい)さんの作品展「Okinawaan Heart Japnanese Calligraphy Exhibition」が開催されている。

書かれている「嘉例」には乾杯の意味もある

 外国の人にも書を楽しんでもらいたいとの思いから、海外や米軍基地で活動してきた竹崎さん。オーストラリア、アメリカなどを中心に日本の漢字の魅力を伝え指導してきた。この活動を通して創作した作品を中心に展示する。

 竹崎さんの創作活動は、1998年に書の享受免許取得し雅号(がごう)を「玉舟(ぎょくしゅう)」とした時から始まる。その後、2002年にオーストラリアのメルボルン日本人学校で子どもたちに漢字の書き方や魅力を指導、2004年ニューヨークセントラルパークでのパフォーマンスや、ロサンゼルスのリトル東京で書道のデモンストレーションなど。2005年に海外での活動の集大成とした「Japanese kanji Calligraphy」を出版した。

 1月11日に始まった同展では、来場者から「漢字の新しい魅力を感じる」「力強さを感じる作品だった」などの声が上がっている。期間中には、竹崎さんが会場で指導する「美漢字ワーク@カフェユニゾン」(3回コース・有料)も開催している。

 開催時間は11時30分~25時。入場無料。2月6日まで。

グローバルフォトニュース