暮らす・働く

那覇で「梅干し種飛ばし大会」-久茂地公民館の「青年講座」で運営者募集

トランジットモール部全員で種飛ばし大会のルール作りをはじめ、広報活動、チラシ制作、大会運営までを行う

トランジットモール部全員で種飛ばし大会のルール作りをはじめ、広報活動、チラシ制作、大会運営までを行う

  •  
  •  

 那覇市久茂地公民館(那覇市久茂地3、TEL 098-891-3443)は現在、10月24日に那覇国際通りで行われるトランジットモールでのイベント「乾燥梅干し種とばし大会」の企画から運営までを担うための青年講座「トランジットモール部(仮)」の部員(受講生)を募集している。

 同部は、地域への積極的な参加を目指し、部員が大会ルール作りをはじめ、広報活動、大会運営までを行うことで、部員同士の交流や学びの機会創出、達成感を得ることを目的に開講する。

[広告]

 内容と日程は、1回目(10月3日15時~17時)=開級式・講話・トランジットモール見学、2回目(同6日19時~21時)=講話・企画、役割分担、3回目(同13日、同)=広報、チラシ作成、4回目(同20日、同)=事前準備、5回目(同23日、15時~17時)=最終確認、大会当日(同24日、11時30分~17時)=大会運営・振り返り会など。

 同館の嶺井貴子さんは「初めてのイベント講義となる。部員の皆さんのアイデアで大会のルール作りなど一からイベントを楽しく作り上げて行き、2回、3回と継続できるような土台作りができれば」とし、「イベント運営を経験してみたい、何か面白いことがしたいという地元の人や若い人の参加を待っている。一緒にイベントを盛り上げていければ」と参加を呼びかける。

 参加資格は高校生~30代で、限定15人。参加無料だが保険料は実費負担。応募締め切りは10月1日。申し込みは同館まで。

  • はてなブックマークに追加