食べる

「朝食がおいしいホテルランキング」-20位内に沖縄から3ホテル

「2014 朝食がおいしいホテルランキング」で4位に入った「ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄」の朝食

「2014 朝食がおいしいホテルランキング」で4位に入った「ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄」の朝食

  • 0

  •  

 旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が4月22日に発表した「2014 朝食がおいしいホテルランキング」で、沖縄の3ホテルが20位以内にランクインした。

サーターアンダギー

 1位は昨年同様、「ホテルピエナ神戸」(兵庫県神戸市)で、北海道と沖縄のホテルが合わせて8施設もランクインする結果となった。背景には、北海道は豊富な海の幸、沖縄はサーターアンダギーなど地域性を生かした料理や食材の活用が挙げられている。

[広告]

 沖縄勢では、4位=「ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄」(読谷村)、16位=「ホテル ロコア ナハ」(那覇市)、17位=「オキナワマリオットリゾート&スパ」(名護市)の3施設。「ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄」は昨年の6位から4位にランクアップ。「オキナワマリオットリゾート&スパ」は初登場となる。

 トリップアドバイザーの広報担当・東真菜さんは「ホテルの朝食は、エッグベネディクトやフレンチトーストなどが人気であることに変わりはないものの、トレンドとして地物が入った朝食は宿泊客にとって満足度が高い傾向になっている。北海道であれば海鮮丼などが人気。沖縄であれば、ゴーヤ、スパム、サーターアンダギーや海ぶどうなどが出ると朝からテンションが上がり、一日の元気がチャージできるという声が多い」と分析する。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home