那覇・国際通り近くにパン店-沖縄食材を使った調理パンを提供

あんだんすーピザ(200円)、島とうがらしチーズ(130円)、ゴーヤーカレーパン(180円)など沖縄食材を使った調理パンをメーンに提供

あんだんすーピザ(200円)、島とうがらしチーズ(130円)、ゴーヤーカレーパン(180円)など沖縄食材を使った調理パンをメーンに提供

  • 0

  •  

 那覇・ニューパラダイス通りに1月17日、約1カ月のプレオープンを経てパン店「ぱんや うちなー畑(はる)」(那覇市牧志1、TEL 098-862-9018)がグランドオープンした。「畑」の「はる」は沖縄の方言で、沖縄の畑で育った野菜を提供したいと店名に込めたという。

 店舗面積は厨房を含め約12坪。店内はオフホワイトを基調に、床や陳列棚、レジカウンターなどに木を使い温かみのある内装に仕上げたほか、工房の一部をガラス張りにし、パン作りのプロセスがのぞけるようにした。

[広告]

 添加物を一切含まない自然のままの製パン用酵母「白神こだま酵母」を使い、沖縄の食材を取り入れた調理パンをメーンに、食パンやバケットなど約20種を販売する。商品は、沖縄の代表的な保存食「あんだんすー(油みそ)」を使ったあんだんすーピザ(200円)、あんだんすーおやき(160円)、でいご豚ウインナーロール(180円)、島とうがらしチーズ(130円)、ゴーヤーカレーパン(180円)、あんにサンニン(月桃)を練り込んだサンニンあんぱん(100円)、紅いもフラワー(90円)などを用意。価格プレートには、使用する原材料を記した。

 出店について、代表の鈴木慎子さんは「沖縄が好きでよく観光に来ていたが、沖縄の野菜や食材を使ったパンが少ないことに気が付いた。さっそく製パン学校でパン作りを学び、沖縄でしか食べられないパンを観光客に提供したいのと、国際通りにパン屋さんがないこともあり、その近くに出店した」と話す。「現在、観光客の利用は少ないが地元の人にひいきにしてもらっている。今後は沖縄野菜のサンドイッチなども提供していきたい」と抱負を語る。

 営業時間は10時~13時30分、17時~21時。水曜定休。オープン記念として今月23日まで、先着100人にエコバックをプレゼントしているほか、購入金額の10%割引サービスを行っている。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home