那覇で10年ぶり「女子プロレス」-ジャガー横田さんがプロデュース

「ジャガー横田プロデュース 女子プロレス沖縄大会」の広報活動を行う沖縄在住の元女子プロレスラーの渡辺智子さん(右)とドレイク森松さん

「ジャガー横田プロデュース 女子プロレス沖縄大会」の広報活動を行う沖縄在住の元女子プロレスラーの渡辺智子さん(右)とドレイク森松さん

  • 0

  •  

 那覇市民体育館(那覇市織名、TEL 098-853-6979)で11月8日、「珊瑚舎スコーレ夜間中学応援チャリティー興行 ジャガー横田プロデュース 女子プロレス沖縄大会」が行われる。主催は日本アスリート青少年育成協会(大阪市中央区)。沖縄で女子プロレスの興行が行われるのは10年ぶりという。

 同大会は、沖縄戦後の混乱により義務教育未修了の高齢者に学びの場を提供する「珊瑚舎スコーレ 夜間中学」(樋川1)の支援を目的に開催する。不況のあおりで寄付金の減少や国からの補助もなく、年間授業料15,750円から2倍の31,500円にせざるを得ない状況を知った沖縄在住の元女子プロレスラー・ドレイク森松さんがジャガー横田さんに協力を依頼。その趣旨に賛同したジャガーさんが大会をプロデュースした。興行収益の一部を同舎に寄付するほか、会場で募金活動も行う。

[広告]

 大会では、女子プロレス団体JWPやWAVE、伊藤道場、フリーの選手による試合のほか、歌手やものまねタレントによるショータイム、ジャガーさんや夫・木下博勝さん、息子の大維志君、クラッシュギャルズのライオネス飛鳥さんのトークショーなども予定。

 出場予定は、ジャガー横田をはじめ、アジャコング、ダイナマイト関西、KAORU、豊田魔波、井上京子、コマンドボリショイ、GAMI、日向あずみ、倉垣翼、植松寿絵、乱丸、桜花由美、佐藤綾子の各選手のほか、沖縄在住で限定出場する元女子プロレスラーの渡辺智子選出とドレイク森松選手も。出演歌手・タレントは、ミヤギマモルさん(歌手)、魅川憲一郎さん(ものまねタレント)など。

 広報や運営を担当する森松さんは「ジャガーさんに相談したら、参加選手の人選など快く引き受けてくれた。少ない年金の中から授業料を払っている平均年齢70歳の生徒たちがいることや夜間中学のことを、このプロレス大会を通して現状を知ってもらい、興味を持ってもらえたら」と話し、森松さんとともに広報活動を行う渡辺さんは「豪華なメンバーが集まった。沖縄の人に女子プロレスはまだまだ元気だというところを見せたい。特別リングサイド指定席は2日間で売り切れてしまい、リングサイド席も残りわずか。日ごろのストレス発散にもぜひ見にきてほしい」とも。

 開催は16時~。料金は、リングサイド指定席(2・3列目)=4,000円、自由指定席(4列目以降、ひな段、2階席)=3,000円。当日はそれぞれ500円増し。詳しくは、同大会事務局(日本青少年アスリート育成協会沖縄事務所内、TEL 098-987-0458)まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home