那覇・樋川に家庭料理「あめいろ食堂」-沖縄移住6年、夢を実現

赤瓦屋根の古民家を改装した店内は、ミシンの足を使ったテーブルをはじめ、古い柱時計、アルマイト風傘のランプなどで演出する

赤瓦屋根の古民家を改装した店内は、ミシンの足を使ったテーブルをはじめ、古い柱時計、アルマイト風傘のランプなどで演出する

  •  
  •  

 那覇・開南バス停近くの住宅街に6月2日、家庭料理を提供する「あめいろ食堂」(那覇市樋川1、TEL 098-911-4953)がオープンした。店名は、「皮製品が使い込むごとにあめ色になるように、その過程を楽しみながら味わい深い食堂になるよう」との思いを込めた。

 店舗面積は約7坪。席数は12席。赤瓦屋根の木造一戸建て古民家を改装した店内は、しっくいの壁に梁(はり)や柱を濃い茶色に塗り、テーブル席のほか、カウンター席、ソファ席、小さな箱庭も設けた。ミシンの足を使ったテーブルをはじめ、古い柱時計、アルマイト風傘のランプなどで演出し、モダンながら昭和の香りが漂う。

[広告]

 料理は、季節の食材を生かした和食家庭料理を中心に提供。ごはんは土鍋で炊き上げ、県産・国産の有機栽培の食材や自家製にこだわる。鹿児島県産鶏肉の自家製ハム、塩豚、ぬか漬けをはじめ、自家焙煎(ばいせん)コーヒー、ジンジャーエール、梅酒なども用意。

 メニューは、県産豚肉のショウガ焼きやみそ漬け焼き(650円)、ブランド豚「デイゴ豚」の「和風ハンバーグ」(600円)、「肉じゃが」「さわらの西京焼」(以上500円)、「千葉県直送アジの干物」(400円)など。ごはんセット(250円、ごはん、漬け物、みそ汁)、あめいろセット(500円、ごはん、漬け物、みそ汁、おかず2種)も用意。ランチは魚か肉料理メーンのランチセット2種(各700円)を提供。土曜・日曜は、自家製「抹茶のシフォンケーキ」「濃厚ひんやりチョコレートケーキ」(以上400円)も。

 オーナーの舘野恵子さんは「思い描いていた物件がなかなか見つからず、物件探しで1年近くかかった。移住して6年、やっと自分の店を持てた」と話す。「普通の家庭料理だが、食材や手づくりにこだわり、心を込めて作っている。近所のおじいさんやおばあさんが食べに来てくれたり、総菜として買いにきてくれたりするのがうれしい。夜ごはんや晩酌に一人でも気軽に利用してもらえたら」とも。

 営業時間は12時~14時、18時~23時(土曜・日曜は通し営業)。定休日は調整中。

  • はてなブックマークに追加